霞水系で冬におすすめのポイント!【牛堀】

牛堀 ポイント紹介
tora
tora

どーも。toraです。

 

今回は霞水系で冬の鉄板ポイント【牛堀】を紹介します。

テトラ有り、ディープ有りの霞水系で最もメジャーなスポットの1つでプレッシャーが高いですが非常に魚影が濃いポイントです。
そんな牛堀を攻略して霞バスをゲットしましょう。

スポンサーリンク

霞水系のおすすめポイント【牛堀】

牛堀

牛堀は北利根川の最上流にあるポイントです。
常に霞ヶ浦本湖からの水が流れており水に動きがある場所です。グーグルマップはこちら↓↓

 

大規模河川の水が動く場所なので水質も悪くなり辛く、テトラがあることでバスにとっては悪い水や日差しから避難できる場所なので安定して魚がストックされている場所です。

魚影が濃い分、人も多くプレッシャーが高いですが霞ヶ浦本湖と北利根川に出入りする魚が寄る場所なので常に魚の供給があり、粘っていれば安定してフレッシュな魚を取ることができるので特に初心者におすすめのポイントです。足場も良いので釣りしやすいですしね。

牛堀で釣れる時期

牛堀は通年釣れるポイントですが特に釣れる時期は冬と夏です。
平均水深2m程度、岸際では1m程度の霞水系の中では牛堀は超ディープエリアになります。
おかっぱりからでも水深7〜8mまで届き、護岸際でも3m程の水深があるので冬にバスを釣るには牛堀はこの上ないポイントです。
霞水系の冬のポイントといえば多くの人が牛堀を想像するのではないでしょうか。

 

また、ディープエリアの牛堀は冬には暖、夏には涼になるポイントであり夏の日中には日差しを避けたバスがテトラの中に貯まるポイントです。水通しも良いので真夏の昼でも安定して釣果を得られるポイントです。
冬に釣れる場所って夏も良く釣れるんですよね。サイズは選べませんが・・・

小さいですが真夏の日中にテキサスの穴撃ちで釣れたバス

 

牛堀のおすすめルアー

 

テキサスリグ

牛堀といえばテトラ、テトラ攻略といえばテキサスリグです
特に6月移行の夏はテトラにテナガエビが着いているのでクロー系・ホッグ系ワームをテトラの隙間に落とし込んでいきましょう。

 

 

ダウンショット

ダウンショットもテトラの穴撃ちに有効なリグです。テキサスやゼロダンよりも1点での誘いに優れているのでバスが動けない冬には鉄板のリグになります。
テトラ隙間に落とし込んで1点で丁寧に誘いましょう。
引っかかり辛いスモラバも良いのですが、テトラは水中でラインをもたせることになるのでオープンウォーターよりも沈めにくいです。
なので特に初心者には沈めやすく底が取りやすいダウンショットをおすすめします。

 

シャッド

テトラ攻めが基本となる牛堀ですが、テトラ周りに魚が出てくるフィーディングタイムや冬の日中などの暖かいタイミングは巻物も有効になります。
テトラに当たったところでステイを入れるなど食わせのタイミングを作るのがコツです。

 

是非牛堀バスをゲットしてみて下さい!

春夏秋冬人も多いですがバスがいるポイントなのでどうしても1本欲しいって時の選択肢の1つに良いですよ!

 

 

では!

タイトルとURLをコピーしました