釣れるラバージグとは?ラバージグの沼へようこそ・・・

ラバージグ ルアーの話

漢の釣り、デカバス狙いの釣り、

ラバージグってそんなストロングなイメージですよね。

そんなラバージグの沼にハマった雰囲気系バサー(かっこいいルアー大好きで雰囲気でルアー選ぶ奴)の筆者が愛を込めて釣れるラバージグを語ります。

スポンサーリンク

釣れるラバージグとは

筆者はラバージグが大好きです。

正確なキャストをカバー決めて釣れたとき…

フットボールジグでボトムの起伏を感じながら釣ったとき…

非常に【釣った感】が強く見た目もかっこいいラバージグの釣りに魅了されています。

そんな筆者が釣れるラバージグについて語ります。

ラバージグでの釣行動画はこちら↓↓

 

 

釣れるラバージグってあんの?

正直に言ってしまいますと、このラバージグじゃないと食わないっていう様なラバージグはありません。

ラバーの量や太さによる水押しの等の違いはありますが、どのラバージグでもバスのバイト率は変わりません。

ラバージグの種類よりもウエイトやラバーの量によるフォールスピードの方が重要です。

しかし

じゃあどのラバージグでもいいじゃん。

という事はなく、やはりコンフィデンスを持って投げきれるラバージグを選ぶことが釣果に繋がります。

 

ラバージグを選ぶポイント

フック

ラバージグはフックが命です。ラバーは巻き変えができますがフックは交換することができません。

フックの品質が高いラバージグが良いラバージグだと思っています。

具体例としてはdepsのコンツアージグやサクサスフック搭載のダイワのカバージグssです。

カバージグssはAmazonのまとめ買い割引が適応されるのでコスパも良いですしね。

 

 

 

アイ

個人的にはフットボールジグでもカバージグでもアイは横アイ1択です。

こちらの記事でも触れていますが、カバーを乗り越える際の横倒れが少なく根がかり率が少なくなる気がします。

マルチジグssが可能にするマルチなおかっぱり。【マルチジグssのインプレ】
自称ジグ好きの筆者ですが、ダイワのマルチジグssが素晴らしすぎるので愛を込めて語ります。 ダイワのマルチジグssのインプレ パッと見はただのフットボールジグですが細部へのこだわりと名前の通りのマルチ具合から速攻で1軍入りしたラバージグで...

ダイワのカバージグssやospのゼロワンジグ、NORIESのガンタージグがそうですね。

 

 

ガードの角度

ガードの角度が立っているラバージグはすり抜け性能が悪いです。できるだけガードが寝ている方が、カバーへの接触面が小さくなるので当然ながらすり抜け性能が高くなります。

しかしガードの角度を寝かせるにはフックをロングシャンクにするかナローゲイプにする必要があります。すり抜けを重視するかフック形状を重視するか、その場にあった判断が必要です。

ラバージグ すり抜け

ちょうどストックを切らしていて写真がありませんがガンタージグライトはロングシャンクでナローゲイプなのでガードの角度が低くすり抜け性能抜群です。

 

その分、バルキーなワームにはアンマッチですがエスケープツインシリーズの様な細身のワームにはバッチリですね。

ちなみにラバージグのフックはショートシャンクだとワームの可動域が増えるのでナチュラルなアクションになり、ロングシャンクだとフックがワームの背骨の様になるのでシェイクした時の水押しが強くなります。ガンタージグライトは後者のラバージグということになりますね。ライトラバージグの分類なのでフックは細軸です。

 

これらが筆者がラバージグを選ぶ際に基準にしているポイントです。

最近はそこそこカバーも撃ててオープンでも使えるマルチジグssの出番が多いですが、カバー撃ちに特化するならやはりアーキーヘッドの出番です。

その時に自信を持って投げ続けるジグをチョイスしますが、オカッパリではカバージグss、ボートでのブッシュ撃ちにはガンタージグライトを使うことが多いです。

最近はリーダーレスダウンショットなどが人気でラバージグで押し通す人が減った気がしますが、筆者はラバージグを使い続けます。だってかっこいいもん。

 

ジグロッドとテキサス用ロッドの同じにしてませんか?
ラバージグとテキサスリグってロッド変える必要あるの?そもそものフッキングメカニズムが違うんだよね。
バックスライド系はファットイカが結局使いやすい
元祖バックスライドワーム、ファットイカ。色んなバックスライド系ワームが出ていますがなんだこんだファットイカの使用頻度が一番。ファットイカの使い方や色褪せない魅力を語ります。
タイトルとURLをコピーしました