テキサスリグとラバージグの使い分け解説!カバー撃ちでビッグフィッシュハント!

テキサス ラバージグ 使い分け ルアーの話

 

tora
tora

どーも。toraです。

大のカバー撃ち好きの私ですが、よく釣り仲間からテキサスとラバージグの使い分けについて聞かれます。

 

 

テキサスじゃないと釣れない、ラバージグじゃないと釣れないって程のシビアなシチュエーションはぶっちゃけ少ないので好きなほうで良いっちゃ良いですが←ふざけんな

 

テキサスの方が「釣りやすい」

ラバージグの方が「釣りやすい」

という状況は存在しますので今回はテキサスとラバージグの使い分けについて説明していきます。

カバー撃ちの話なのでテキサスはペグ止めを前提とします。

tora
tora

ちなみにラバージグの方が形がカッコよくて好き。

おすすめのクロー系ワーム!よく使うクロー系ワームと使い分け
おすすめのクロー系ワームの使い方やそれぞれの特徴について説明します。 ドライブクローやハリーシュリンプといった人気のクロー系ワームを使いこなそう!
スポンサーリンク

テキサスリグとラバージグの使い分け

テキサス ラバージグ 使い分け

私のテキサスとラバージグの使い分けは

基本的には【カバーに入るか】【アピール力】を基準に考えていきます。

 

基本的には

・カバーにウィードが絡んでいたり、ラバージグでは入らない場合はもちろんテキサスを選択します。

・カバーのインサイドまで濁りが入っている場合はアピール力が高くフォールもゆっくりで見つけやすいのでラバージグを使います。

 

 

 

これを読んで皆さんこう思うでしょう。

 

 

「そんなん当たり前だわ!!」

 

 

あくまでも上記は大前提の使い方ですのでもっと分かりやすくシチュエーション別に使い分けを説明します。

 

 

ラバージグを使う場合

ラバージグ 使い方

水中に枝が入り組んでいるウッド系カバー

古渡 ウッドカバー

この場合はバスは基本的に枝にサスペンドしています。なのでゆっくりフォールできるラバージグを使います。更にラバージグだと枝にぶつかる度に一瞬枝に乗ってフワッとラバーが開くので枝にぶつかる度にバイトチャンスがあります。これがテキサスだとスルスルすり抜け過ぎてしまいます。

 

 

葦際

霞ケ浦 南岸

葦際は基本的にはカバーが薄いので葦沿いに落とすだけです。その場合はボトムに着いてから少し引いてくることが多いのでラバージグを使います。ボトムパンプの度にラバーが開いてバスを誘ってくれます。

これがテキサスだと水の抵抗が少ない分スルスルと手前に寄ってしまいカバーから離れてしまいます。

また、ボトムパンプの場合はトレーラーが固定されて下重心のラバージグの方が姿勢が安定しますしね。

 

葦際は大体同じ様な光景を延々と撃っていくのでアピールが強いラバージグの方が刻まなくても魚を寄せることができるので効率が良いです。

ベイトが小さいエビや水がクリアな場合は軽めのテキサスを使うこともありますが私はラバージグにメリットを感じています。

霞ヶ浦本湖の増水時にラバージグの葦撃ちの釣行記↓↓

霞ケ浦、秋の増水パターン!!ラバージグでブリブリの40UP!!
霞ケ浦で秋の増水パターンを試してきました!ラバージグのシャローカバー撃ちでブリブリの40UP確保!やっぱり増水したらシャローカバー!

 

テキサスリグを使う場合

テキサス カバー

カバー際で食わせのアクションが必要な時

 

ラバージグはあくまでもジグヘッドなのでワームとシンカーが完全に固定されているのに対し、テキサスリグはペグどめしてもある程度はワームとシンカーが別に動きます。

これがラバージグとテキサスの大きな違いだと思います。

ラバージグはボトムで細かいシェイクなどをするとどんどん手前に寄ってきてしまいます。

しかしテキサスリグだとシンカーとワームのフックが刺さっている側のみ上下にピクピク動いて1点で誘うことができます。

活性が低く中々バスが口を使わない場合はテキサスの食わせの力が有効になります。

 

 

水がクリアな場合

 

水がクリアだとラバージグの強い水押しを魚が嫌がることがあります。

テキサスとラバージグの引き抵抗を比較すると圧倒的にラバージグの方が抵抗があります。それだけラバージグの水押しが強いと言うことです。

 

クリアウォーターの魚は水を受け流すルアーに興味を示します。

例えばクリアウォーターでジョイクロを投げるとバスのチェイス数が凄いですよね。これはジョイクロがバスの視覚には訴えますが水とは喧嘩せずに水を受け流すからです。

この様にバスはクリアウォーターで水を受け流すルアーに非常に興味を示すのです。

 

皆さんもクリアウォーターで大きいルアーを投げ比べた時にS字系の水を受け流すルアーの方が反応が良いという状況にあったことはないですか?

 

tora
tora

そういうことですよ!(田辺哲男風)

 

 

ざっくりまとめると

 

 

テキサスリグのメリット

・スリ抜けの良さ

・アクションのナチュラルさ

 

ラバージグのメリット

・ラバーによるアピール力と水押し

・程よいスタック感

・フォールがゆっくり

 

 

となります。

 

これ以外にもラバージグの方がスキッピングがしやすいだとか、テキサスの方がボトム感知が良いなどの違いもありますがその辺は腕でカバーできる問題なので特に触れません!笑

 

 

私は強さとスリ抜けを基準にしながらラバージグはリアクション、テキサスは食わせ寄りの考えで使い分けてます。

 

 

とラバージグとテキサスリグについてのうんちくを語ったわけですが、大事なのは【自分にとっての基準】を持つことです。

「今日の感じならテキサスで丁寧に誘おう」

「このくらいの濁りなら俺はラバージグの強さを選ぶな」

 

 

といった自分の基準を持ってやり切ることが釣果に繋がると思います。

 

その基準が「好きだから」でも良いと思います。

 

 

釣り場で迷う時間が勿体ないですし、信じた釣りなら集中力を切らさずやり切れますしね!

 

 

バス釣りの醍醐味でもあるカバーフィッシングを楽しんで下さい!

 

では!

 

タイトルとURLをコピーしました