新利根川でパンチングしたら40UPが釣れたよ!

新利根川 バス釣り 釣行記
tora
tora

どーも。toraです。

9月初旬、初の新利根川釣行に行ってきました。

 

 

今まで新利根川に流入する水路はやったことありますが、新利根川本流は初めてなのでランガンスタイルで周ります。

 

 

スポンサーリンク

新利根川でパンチングしたら40UPが釣れた件

 

新利根川とは

 

Google マップ

新利根川は霞ヶ浦に流れ込む大規模河川です。
大まかに分けると

 

霞ヶ浦、州の野原方面が下流域
柴崎堰付近の中流域(ボートでいける最上流)
川幅が狭くなる上流域

に分けることができます。

下流域は川幅が広く、また魚影も濃いのですが私はオープンや広いところに投げているとすぐ飽きてしまうので今回は中、上流域を周ります。

 

新利根川釣行

 

新利根川本流

 

今回は昼過ぎに現地に到着

まずは川幅が狭くなりだす上流域で水門や対岸のカバーをチェック。

水の色は茶色系なのですが初場所なので濁っているのかどうか分かりません。
とりあえず初場所なのであまり丁寧にはやらずにスピード重視でチェックしていきます。

対岸のカバーはチェリーリグ、小場所はカバーネコで攻めていき護岸沿いやハードボトムエリアはスピナーベイトでスピーディーに探っていきます。

 

完全無!!

 

だったので最上流まで移動

最上流はドシャローで水も良さそうですが鯉しか見えませんでした。底まで見えていたので恐らくバスはいなかったと思います。
真夏であれば最上流に見えバスがいたかもしれません。9月になってだいぶ秋めいてきたのでしょうか。

 

今度は柴崎橋付近の中流域に移動します。
ストラクチャー周りをチェリーリグ、護岸沿いはスピナベで巻いていくも全く反応がありません。
14時過ぎで1番暑い時間ということもあるので少しでもカレントが効いている流入河川をチェックすることにしました。

 

水路

柴崎用水路

新利根に繋がる水路に移動してきました。
ここは川幅2mも無い様な細い水路ですが、ベイトが入ってくるのでそれを追ってデカバスが多く入ってきています。
以前ジョイクロで50upを釣った場所でもあり、新利根川のMAXサイズが差してくるポイントです。

 

 

新利根川との合流から水路の最上流まで歩きながらバスを探してみました。

デカバスが釣れると有名なポイントなので小規所ながらもたくさんのアングラーがいます。

 

炎天下の中よくやるわ……※特大ブーメラン

 

途中2匹の40upを見かけましたが先に対岸に他のバサーがいたので手を出さずにスルー。

結局この水路ではこの2匹以外はギルと鯉しか見えなかったのでここも移動です。

移動ばかりで時間がどんどんなくなっていく…  もう16時近くなので流石に焦ってきました…

 

 

破竹川に

 

破竹川 バス釣り

 

霞水系でかっこいい名前の川ランキング1位の破竹川に移動してきました。←根拠なし

新利根川との合流点、ベンド部などの良さげなポイントを回るも魚っ気ゼロ…

破竹川と大正堀川の合流点でスイムジグをやるも反応無しな上にベイトもいない…

マズい…

グーグルマップ見た感じだと良さそうだったのでここで心中するつもりだったのに…

さらに上流に移動し破竹川の最上流に

最上流なら水もいいしベイトいるだろ!!!

 

結果…

 

泡&油まみれ…

 

なんでやねん!!!!

まだ新利根川本流のがマシだ…

 

再び新利根川本流

新利根川中流域に戻ると夕方になったからか水面がモジッてる!!!
もうここで心中しよう。
一緒にイこう。

 

バズベイトを引くと同じポイントで川も一直線なのに泡が出る部分と出ない部分が。
流心が水が良くて岸周りの水が悪いなら良くありますが、何故かここは流心が良いところもあれば岸際が良いところもありました。

水がやたら不安定です。

 

秋めいているのと夕マズメということもあり巻き1択で考えていましたが、水質が悪いならカバーが活きてくるかも…

 

と思いハリーシュリンプの1/2テキサスで岸際の水ヒマワリをパンチングで探ってみました。

すると1.2投目でガツガツバイト!

 

フルフッキングして上がってきたのは

新利根川 バス釣り

ナイスコンディションの41cmでした。

新利根川 デカバス

なんとかボウズ逃れです…

久しぶりに追い詰められた感がある釣行でした…

水ヒマワリの様なヘビーカバーは悪い水からプロテクトする効果があるのでカバーの中は意外と水が良かったりします。
台風後の濁りの時にカバーで良く釣れるのも同じ理由ですね。

水ヒマワリとは新利根川に大量に繁殖している水生植物です。↓↓

 新利根川 水ひまわり

 

本来ならヘビータックルでやりたいところでしたが、夕マズメになっていたので車まで戻る時間も惜しくてバズベイトを巻いていたMタックルでパンチングしました。

ポイズンアドレナ163mが割とシャキっとした竿なので助かりました…
これは本当に使い勝手が良いロッドです。

ポイズンアドレナ163mのインプレはこちら↓↓

 

 

それでも抜き上げた後にフックが外れたので危ないところでしたが…汗

 

ハリーシュリンプは脆いイメージを持っていましたが、パンチングで使っていると意外と丈夫だと危気づきました。これから使い込んでみようと思います。

 

 

反省

今回の反省は秋めいていたのと夕マズメというのこともあり巻き1択でしたが、もっと早く水ヒマワリのパンチングという選択肢に気づくべきでした。
まだ9月上旬なら夏を引きずっていますし、ボイルが全くない時点でバスが動き回っていないと判断してカバー撃ちに徹するべきでした。
昼ならもっとカバーで釣れたと思います…

それかハードボトムの垂直護岸沿いで丁寧にダウンショットなども釣れたかもしれませんね。
水が悪いほどストラクチャーにタイトに着くようになるので。

秋という先入観に捕らわれた感がすごいです…
※パネマジにも釣られるタイプです

 

なんとか40upが釣れましたがギリギリ負けた感がある釣行でした…

利根川・霞水系まだまだ慣れないなぁ。

これからも少しずつ新規ポイント開拓していきます!

 

では!

 

関連記事
タイトルとURLをコピーしました