※結局中止にならなかった・・【池の水全部抜く】のロケが実施される前に潮来市の前川でバスを釣ってきた!!

霞水系 前川 社会・政治問題

 

 

先日、池の水全部抜く大作戦のロケが潮来市にある霞ヶ浦水系の前川で行われる記事を書きました。

 

 

バサーからの抗議の声が大量に上がっているとネットニュースにもなっていますね。

 

抜かれるのは一部の区画のみですので、しばらくすれば元の状態に戻るはずですがそれでも一部の魚が死んでしまうことには変わりはありません。

 

と思っていましたが

ちなみに台風19号がロケ日の10月13日に直撃の予定なのでロケ中止になったらしいですね。

また、当初潮来市は番組側からは川の清掃としか聞いておらず、ロケを承諾した様ですが抗議の電話が相次いだことにより外来種の駆除が行われることや、在来種にも影響があると知りロケを中止した様です。

茨城県としてはブラックバスは経済効果の高い魚と認識しており積極的に駆除する姿勢は持っていないそうです。

 

今後再び話が浮上する可能性はありそうですが・・・

そうなる前に今の前川を堪能しておこうと思い、午後からちょこっと前川釣行に行ってきました。

※やっぱり再集録されました・・・2019/11/29追記

スポンサーリンク

池の水全部抜くに駆除される前に潮来市の前川釣行!

 

到着したのは14時前後の日が高い時間です。

もう秋に入っているとはいえまだまだ暑いこの時期。

しかもここは前川!!
霞水系きってのカバー天国!
となるとやっぱりカバー撃ちでしょ!!

 

ってことでヤマセンコー4インチの3.5gカバーネコリグで葦際を攻めているとラインがスーっと動くアタリ!

フッキングして上がってきたのは

前川 バス釣り

30cmくらいの前川アベレージサイズでした!

 

前川でカバーネコは自分の中の鉄板です。

その後もネコストレート6.5インチのスナッグレスネコやハリーシュリンプのライトテキサスで葦際を撃っていくと可愛い前川サイズがポツポツと

 

前川 カバー撃ち

 

霞水系 前川

 

tora
tora

やっぱり前川はサイズでないけど楽しいなぁ…

夏に来た時は葦際+葦が倒れてフローティングカバーになっている所が良く釣れましたが、先日の台風で流されてしまったのか倒れている葦があまりありませんでした。

なので手数勝負で色んなところを撃ちましたが、カバー奥でも手前に張り出した側のカバーでも釣れました。
やはり秋めいているんですね。
カバーの中に入っている魚とカバー際でウロウロしている魚が半々といったところでしょうか。

 

前川はカバー撃ちというバス釣りの醍醐味を味わえるポイントです
キャストを楽しみ、カバー越しのエキサイティングなファイトにドキドキできる貴重な川です。
初心者の方がバス釣りの楽しさを覚えるのにもピッタリの川だと思います。

 

前川は私達バスアングラーの物ではなく、潮来市の物なので再びロケが決定してしまった場合は仕方ないですが※決定してしまいました

池の水全部抜くが結局(利根川?)前川で行われる!!

水を抜く際に在来種が死なないことと、できるだけバスを駆除ではなく河口湖や管理釣り場に移動してくれることを願っています。

※放送では捕獲した外来種のその後については触れていなかったので恐らく殺処分してしまったのでしょう。水槽への入れ方が確実に生かす気はなさそうでしたので。

池の水 殺処分

池の水全部抜く 駆除

 

では。

 

 

タイトルとURLをコピーしました